読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

旬菜 咲や@京都

季節外れな夏の京都旅行の話、今回はほまめさんと一緒に行った、西陣のとあるお店の話です。 突き出しからしてただ者ではない。赤いの、なんだかレバ刺しみたいですが、赤蒟蒻です。滋賀の名物だとほまめさんに教わりました。夏の京都の味といえば、鱧!ハモ…

新福菜館でラーメン

昨日に続き、8月にほまめさんとかき氷合宿で京都に行ったときの話。一足先に京都入りしていた私は(アジェに行ったりね♪)、お昼にJR京都駅でほまめさんと待ち合わせ。無事に合流して、一緒にランチを食べに行くことにしました。 目指したお店は、蜃気楼のマ…

焼肉・ホルモン アジェ

今年の夏、いたく気に入っていた本の1冊が佐藤和歌子さんの『悶々ホルモン』。モーニングに連載していたコラムをまとめたもので*1、筆者が食べ歩いたさまざまな焼肉店が紹介されるんですが、タイトルから分かるようにホルモン系のお店ばっかりなんですね。エ…

イノダコーヒ三条店&錦市場でちりめん山椒

観光系は龍安寺で打ち止め、あとは三条の街をフラフラしてお買い物して帰ろう……ということで三条へ。ちょっと休憩しようか〜ということで、入ったのは老舗のコーヒー店「イノダコーヒ三条店」。本店はかなり並んでいたので、すぐそばにある三条店に入ること…

龍安寺に潜む面白さに笑う

針を買った後、金閣寺でかえるさんと合流。そのまま向かったのは龍安寺。龍安寺といえば石庭〜♪……なんですが、しかし正直なところ、人があまりに多すぎて、とてもじっくりとお庭を見る心境にはなれませんでした。前回来たとき(相当前)は平日だったのでガラ…

私には使えないのに大興奮――三条「みすや針」

三条大橋のたもとで福だるまを買ったあと、歩いている途中で偶然見つけたお店が「みすや針」。老舗の針屋さんです。“お裁縫はプロ”のMさんはかなり行きたかったお店ということで、迷わず中へ。店の片隅に置かれていたねずみさんたち。か、かわえぇぇぇぇぇぇ…

三条大橋・船はし屋「福だるま」はキュートすぎ!

今回の京都旅行、自分が食べてみたかった和菓子No.1が、すでに書いた「美玉屋の黒みつだんご」だったわけですが、お土産に買いたかった和菓子No.1がこれです。三条大橋のすぐそば、本家・船はし屋の「福だるま」。本当は五色豆とか豆板の有名なお店なのです…

伏見稲荷は門前町も楽し その2(きつねせんべいとpicnik)

この日は朝からかえるさんとは別行動だった我々。伏見稲荷の門前で買ってくるように、と2つのミッションを課せられていました。一つが伏見人形を買ってくること。1つ前のエントリに証拠写真(笑)を載せましたが、この日お店はお休み。そしてもう一つのミッ…

伏見稲荷は門前町も楽し その1

伏見稲荷のもう一つのお楽しみが、参拝が終わったあとの門前町歩き。 いろんなお店があって、とても楽しそう♪上から、かえるさんに頼まれて買いに行った伏見人形のお店。まさか定休日とは……。2枚目、このあたりって、うずらやすずめを焼いて売ってるお店がい…

おきつねさまワールド!伏見稲荷大社

石峯寺のあとは、すぐそばにある伏見稲荷へ。 全国に4万あるといわれる稲荷神社の総本山で商売繁盛・五穀豊穣の神様です。千本鳥居が有名、らしい。さすが、全国のお狐様の総本山。狛犬じゃなくて、狛狐(笑) 赤いトンネルみたい〜♪ 赤い鳥居が並んでいるの…

百丈山石峯寺で羅漢さんに会う

京都旅行二日目のメインイベントは、伏見の石峯寺(せきほうじ)に行くことでした。 このお寺は若冲さんが晩年、羅漢を制作した場所であり、本人もまたここに眠っているのです(お墓が残っている)。そんなわけで、若冲ツアーだった今回としてはやはりはずせ…

一目あなたに逢いたくて(はぁと) 美玉屋「黒みつだんご」

初めてその名を知ったのは、去年の秋のこと。私も大好きな目白「志むら」とともに、あんころりんさんが衝撃を受けたお団子、として紹介していたのが京都の「美玉屋」でした。それからずーーっと、ほんとにずーっとここのお団子が気になり続けてました。もう…

貴船で川床初体験

今回の京都旅行、一番の目的は若冲展(&若冲のお墓参り)だったわけですが、もう一つの大きな目的が貴船に行って川床でお食事をすること♪川床とは、京都の夏の風物詩。川の上に床を組んで、その上に桟敷を作って涼をとりながらお食事をするわけです。初体験…

トーゲーデスカ?アンミツデスカ?「天引」

加茂みたらし茶屋のだんご5兄弟をほおばっていたときの話。豆大福食べて、そのまま団子に突入して……と甘いモノが続き(おいしいんだけどね)、甘みリミッターが発動しかけていたときに、Mさんが突然言いました。「クリームあんみつ大好き! あらゆる甘いモ…

けいぶん社書店一乗寺店

見知らぬ街は面白い。というわけで、ぱちりぱちりしながら散歩。途中置いていかれながら歩いてました。「……えっ?」と思った方も多いかも。そう、私は普段かなり歩くのが速いのです。しかしこの日は、周りが見知らぬ&面白い景色だったし、その上足が開かな…

「加茂みたらし茶屋」のみたらしだんごは五兄弟

もひとつ、下鴨神社つながりで。「加茂みたらし茶屋」は、下鴨神社のすぐそばにあるお店です。みたらし団子の発祥の地なのだそうな。……ということで、由緒正しい?元祖・みたらし団子を食べてきました。みたらし団子(お茶付)3本400円。ちょっと強めに付け…

下鴨神社を散歩

若冲展の人混みのすごさがあまりにショックが大きくて、なんだか衝撃が抜けきれないまま向かった次の目的地は下鴨神社。「糺の杜」という、とても気持ちの良い森を抜けて歩きます。途中、「鴨長明の方丈だ!ここにあったんだ……」などと話しながら神社の敷地…

出町ふたば「豆餅」

相国寺に向かう途中、駅を出てすぐに見つけちゃったのが「出町ふたば」。相国寺から近いな、とは思っていたけれど、お店の前を通ってしまうなんて……これも巡り合わせ?と人数分購入。出町ふたばといえば豆餅(豆大福)です。若冲展を見終わったあと、相国寺…

開基足利義満600年忌記念「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」

さて、今回京都に行った目的はコレ。相国寺承天閣美術館で6月3日まで行われている開基足利義満600年忌記念として「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」です。若冲とは、江戸時代の画家だった伊藤若冲のこと。若冲さんはもともと京都のお人でありま…

京都・祇園小石に行きそびれた話

1カ月前の長野旅行の話も終わってないじゃないか!というセルフツッコミをしながらも、突入いたしますよ京都旅行記。カテゴリを「京都旅行記」じゃなくて「京都情報」としたのは、今回行きたかったけど行けなかったところもけっこうあったので、また行く!と…