読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

マニアック?な名店……「天龍菜館」@横浜中華街

最近仲良くしていただいている喰い倒レディことyutouchさんにお誘いいただいて横浜中華街へ。数年前にかえるさんのblogで見てからずっと気になっていたお店「天龍菜館」の宴会に行って参りました。

まず店舗はガレージを改装したもの。お客は、シャッターをガラガラと手で上げ下ろしして店内に入ります。今は冬場なので当然寒いため、参加者は全員、スキーに行くのか?っていうくらいの防寒ぶりで参戦。そしてお店にトイレはなく、数十メートル離れた公営駐車場のトイレを借りて用を済ませる(!)。←きれいなトイレなんだけどね。

とまあ、いろんな意味で味わい深いこのお店。ムードや内装を求める方には絶対お勧めできないのですが、ここでしか食べられない料理がわんさか出てくる、非常にディープなお店でありました。

spring rolls 天龍菜館08

まず出てきたのが「春巻」。お皿に山盛りになって出てきますが、プチサイズなので大丈夫。一人2〜3本くらいかな。

天龍菜館04

羊の鍋。新じゃがのように見えるのは、くわいでした!噛むとショリショリとした食感がなんとも楽しい。湯葉がたっぷり入っていて、スープは羊の脂が溶け出してテュルッテュル。コラーゲンたっぷりです。トロトロに煮込まれた骨付きの羊肉がごろんごろん入っているので、軟骨をかじり、随を吸い……と、骨にむしゃぶりつく犬さながらに、小さな羊肉でたっぷり楽しんだワタクシでありました(^^;

店主のおじいさん曰く「今日は皮の付いてる羊を仕入れたのよ。羊は皮がついてないとぜんぜんおいしくないの。値段はすごく高くなっちゃうんだけど」とのこと。おじいさん、たしかにおいしい!羊がこんなにおいしいと思ったのはノタガ(故郷)以来だよ……。ノタガとはまた別ベクトルの美味です。やっぱり羊はおいしいよなあ(としみじみ)。

鍋の中身が減ってきたら、春菊を投入して食べます。色味は地味だけどしみじみおいしい料理写真、まだまだ続く。

天龍菜館01

鶏のから揚げ。普通のから揚げとは違って、サイズは小さめ、軟骨がコリコリしています。

天龍菜館02

豆腐とスズキの炒め煮。魚の味がしみ出たスープを豆腐が吸ってしみじみおいしい。魚本体よりも豆腐のほうがおいしいくらい(笑)。「ごはんにかけて食べたいね〜」と話し合う我々……しかし料理はたっぷり出てくるため、ごはんまでの道のりはまだまだ遠いのであった。

fried vegetables 天龍菜館06

セロリとイカとさやえんどうの炒め物。さっぱり塩味です。パリッと火がまわり、イカは甘く……ウマ〜。

天龍菜館05

鎮江香酢(黒酢)酢豚。池袋「永利」を思い出させるような、肉オンリー&甘い黒酢の珍しい酢豚です。永利の酢豚はもっと「肉の塊!」って感じですが、天龍菜館の酢豚はサイズが小さく衣部分が多い分、からめた餡のおいしさを味わえるタイプ。いくらでも食べられるおいしさで、これはやばい〜。

天龍菜館03

「陳皮蒸猪肉餅」……これは不思議な料理、初めて食べる味でしたよ。ええっと、ミカンの皮入りの甘いハンバーグといったら近いでしょうか。挽肉を練って作る、しっかり甘いタネを大皿に敷いて蒸し焼きにしたもので、陳皮(ミカンの皮を干したもの、漢方薬の一種)が入っているため、食後に陳皮の爽やかな味が残ります。

fried rice 天龍菜館07

最後に出てきたハムユイの炒飯。「もうおなかいっぱい〜」とかいいつつ食べちゃう我々……いや、それだけおいしかったってことです。パラパラに仕上げられた炒飯、ハムユイの適度な塩気、米粒をコーティングする油分、と完璧な炒飯でした。旨すぎる……

とこんな感じのお料理をたっぷり堪能して料理3000円+飲み物代(安っ!)。ジャンルとしては上海家郷料理らしい……けどよく分からないなあ。店主のおじいさんのオリジナル薬膳料理のような気もします。どの料理も非常に優しい、作り手の気持ちが伝わってくるような美味です。

このお店、最初にも書いたようにいろんな意味で常識を超えたお店なんですよね。おじいさんが一人で切り盛り(建物の3階で料理作る→1階に自分で運ぶ→最後の会計もおじいさん一人)しているから、料理が出てくるのにかなり時間がかかります。今回は1階を借り切っての食事会だったんですが、2階にも席があるらしく、2階にお客さんが入るとさらに料理が出てくるのに時間がかかる、という…せっかちな方には絶対お勧めしません(笑)

そんな調子だから、飲み物ももちろんセルフサービス。おじいさんに紹興酒のビンを出してもらって、そのまま飲んで、裏のコンロで勝手にお湯を沸かして紹興酒のカンを付け、持ち込みの中国茶を淹れて飲み……食べ終わったら「ビール○本と紹興酒×本飲みました」と自己申告して会計です。わ、わははははw

店主のおじいさんはたどたどしい日本語ですが、「お客さんにおいしい料理を食べてもらいたい!」と思っている気持ちがこちらにビシビシと伝わってくるホントに優しい人でした(そういえば、忘れ物があったといって、石川町の駅のそばまで雨の中を自転車を飛ばして届けにきてくれたっけ……)。おじいさんの人柄も含めて、ここの料理のファンになってしまいましたよ。「こういうのが食べたい」と希望を言えば、可能な限り対応してもらえるようなので、できれば数日前に料理の相談をしてからお店に臨みたいところです。

かえるさんの記事を見て、行ってみたいなーと思ってから3年越しで願いが叶いました。さそってくれたyutouchさん、幹事のGさんご夫妻、どうもありがとうございました!

天龍菜館
神奈川県横浜市中区山下町232
TEL 045-664-0179