読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

金環日食

2012/05/21の朝は、東京で……じゃないな、日本の太平洋側で*1金環日食が見られると言うことで、早起きしてマンション屋上に上り、ひとり金環日食観測会をキメることに。

もともとは写真を撮るつもりがなかったので、減光フィルタも三脚も何も準備してなかったんだけど、念のため持っていったNEX-5でぼんやり撮れたので記念にup。
eclipse01

レンズの前に日食メガネ当てて撮ってます。これじゃただの光の輪だけど(笑)。いやー、NEX-5のマニュアルフォーカス*2、初めて使ったよw

朝6時過ぎに起きて、「曇ってるなー」と心配しながらマンションの屋上に上がったら、誰もいなくて私だけ。すぐにもう一人、大きなカメラを抱えた女性がやってきて、二人でおしゃべりしながら空を眺めてた。6時半くらいかな、月がパックマン…じゃない、三日月みたいな感じに。おお、欠けてる欠けてる。

7時過ぎから急に人が増えだして、ランドセルしょった小学生とか、出勤支度途中って感じのサラリーマンとかが屋上に集結。ちょっと驚いたのは、太陽が隠れ出すと暗くなるのはもちろん、スーッと涼しくなること。薄着だったので寒いくらいだった……太陽のエネルギーってものすごいんだな、と改めて思ったり。

7時半ごろかな、ちょうど金環になったあたりはかなり盛り上がってたのに、それを過ぎるとあっという間に人がいなくなってしまった。もちろん、会社や学校に行くからだろうけど、欠け始めに比べると、後半は人気がな​いのね〜と思いました(笑)。

隣で写真撮ってた方が日食グラスの付録小冊子を見せてくれたんだ​けど、ものすごくよくまとまってて勉強になるなぁと思ったら、日​食グラスの発売元はビクセン(天体望遠鏡メーカーです)、小冊子制作はアストロアーツ『星ナ​ビ』の編集部だった。プロの仕事だったとは……くわしいはずだ(笑​)。

そんなこんなで、10時半に出社。午前中〜昼の仕事が押したのでお昼休みを遅めにとることにして、お昼を食べながらフジテレビの「知りたがり!」をワンセグで視聴。おお、RETさんが金環日食の解説してる!

この日の番組は金環日食特集。出会ったときはミスドの人だったのに、いまやすっかり星の人になったRETさんの解説を聞きながら「どうして腕時計二つ付けてるんだろ?」とか日食と関係ないところが気になりつつ1時間見ちゃいました。今年はこのあとも天体関連のイベントがいろいろあるとのこと、RETさんのおかげで勉強になりました!

*1:厳密に言うとこれでも違いそうだけど

*2:実は存在することすら知らなかった