読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

吉野家の「アタマの大盛り」って、値下げ前の「並盛り」じゃないんだろうか?

ある日、なんだか急に牛丼が食べたくなり、久しぶりに吉野家に来てみました。たまに無性に食べたくなりません?牛丼。

 

http://instagram.com/p/hpOBQAOgHE/

頼んでみたのは「アタマの大盛り」。アタマの大盛りとは、ごはんの量は変わらず具だけ多いのだそうです。かつては裏メニュー(裏オーダー?)だったのが、最近正式メニューになったとか。 

 

わたしが前回吉野家に行ったのは、確か380円だった牛丼が280円に値下げされてすぐくらいのときでした(調べたら今年の4/18~なので、おそらくその頃でしょう)。その時、「なんかお肉の量が少なくてごはんが透けて見える……」と物足りなく思ったのを覚えています。でも、さすがに大盛りとか食べないしねえ。今回は隣の人が「アタマの大盛り!」と注文していたのを見て、真似して頼んでみた……というわけ。

で、吉野家のアタマの大盛り。実際に食べてみた結果は「これって、値下げする前の『牛丼並盛り』じゃない?」という感想でした……値下げしたときに減らした具を元に戻したのではないか疑惑が……違うかな(笑)。

 

この写真をSNSにも投稿したところ、ある人から「これはアタマの大盛りですね」とすぐにレスがついてビックリ。え、見ただけで分かるの?マニア?と思っていたら

「僕がマニアなわけじゃないですよ。吉野家では食券や伝票を使わないことがほとんどだったので、どんぶりの形や色で見分けられるようなオペレーションになっているようです」

 

というコメントをいただいて、なるほど!と感心したのでした。そうか、このどんぶりはアタマの大盛り用のどんぶりなのね……。 

牛丼食べながら気になっていたのが、最近始まった新メニュー「すき焼き鍋」「牛チゲ鍋」の売れ行き。「回転率命のはずの牛丼屋さんで、時間がかかる鍋ってどうなんだろう?」と思ったのですが、私が見た感じ、牛チゲ鍋膳はともかく、すき焼き鍋膳を頼んでる人は結構多かったです。これから冬だし、予想以上に人気でるかもしれないですねー。

 

お知らせ:牛丼「アタマの大盛」 380円|吉野家