ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

「台湾料理 香味」で台湾小吃三昧@新橋

台湾好きの友人と、新橋で夕飯を食べることになったある夜の話。行ってみたのは、前を通りかかって気になっていた「台湾料理 香味」。店名の通り、台湾のいろんな料理を揃えているお店です。台湾料理って東京にもときどき見かけますが、ここは台湾各地の屋台で食べられるようなB級グルメ系の小皿が揃っているのが素敵。写真で紹介するとこんな感じです。味の感想は最後にまとめて。

台湾料理 香味@新橋

干豆腐を和えた前菜。台湾だけの料理じゃないけど、好物なので見かけるとつい頼んじゃう。

台湾料理 香味@新橋

腸詰め。こうやって上品に盛りつけられたのもいいけど、士林とかの夜市で、チョキチョキはさみで切ってもらってビニール袋に詰めたやつを食べ歩きするのも好き。

台湾料理 香味@新橋

これを日本で食べられるなんて!と思わず頼んじゃった肉圓(バーワン)。台湾風肉団子、などと訳されることが多いようです。半透明のぷるぷるした皮の中には、豚肉などで作った餡が。

台湾料理 香味@新橋

大好物の魯肉飯(ルーローファン)!豚肉を細かく切ったものを煮込んで、ごはんにかけた料理です。どんぶりじゃなくて、小ぶりなお茶碗に軽く、がポイント。B級だけどこれがいいんだよね。まさに屋台の味……以前は東京にも魯肉飯をウリにしたチェーン店があったように思うのですが、最近見かけなくなってしまいました。撤退したのかしら……

台湾料理 香味@新橋

そして、こちらも好物、担仔麺(タンツー麺)。なんですが……

そもそも担仔麺って、エビ入ってたっけ?なんか豪華すぎない?などと思いつつ、麺とスープを食べてみたのですが……うーん、これ担仔麺じゃない。おいしいけど、私が知ってるアレとは何かが違う。全然違うー。

このお店、肉圓とか魯肉飯とか担仔麺とか、台湾の屋台で食べられる(そして日本ではなかなか食べられない)台湾美味のあれこれが食べられてほんとに素敵なのですが、味がことごとく、現地で食べた記憶と違うんですよね……おいしいんだけど。

台湾通の友人と話して達した結論は「甘さひかえめすぎるんじゃないか?」ということ。肉圓の上にかけられているあんというかソースは、台湾でよく食べる甘〜いアレじゃなく、もっと「料理っぽい」感じ。魯肉飯の味付けも、がっつりスパイスが効いてがっつり甘いあの味とはちょっと違うもの。

思えばここは新橋の飲み屋街。トーキョーの働くサラリーマンがおいしいと思う味にチューンしていくうちに、甘さ控えめとかいろいろ味付け方針変更があったのだろうなあ……などと思ったり。料理はおいしいし、お店のママもとってもいい感じの人なのだけれど、なんとなく「コレジャナイ」感があって残念だなあと思ったお店でありました。(とかいっといて、また行くかも……)

香味

食べログ香味