ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

Maxivin(マキシヴァン)で、ソムリエ・佐藤陽一ワールドにひたる

先日、海外在住のセレブなお姉様が帰国するというので、その友人のセレブなお兄様たちと行ったレストランのお話です。店名と「料理、5000円のコースで予約しておきました」という連絡だけいただいて、何も知らずに出かけたお店は……あれ、ここは前から気になっていたお店の隣。

新国立美術館に行くたびに、デンメアティーハウスというウィーンの紅茶屋さんが気になっていたのです。そこの続きと思っていたところがそうじゃなくて、今回伺った「Maxivin(マキシヴァン)」でした。ジャンルとしてはフレンチのレストランかビストロか……というところなんだけど、以下書くとおりそれだけでは片付けたくないお店なのです。

まずはさくっと料理写真から。

Maxivin マクシヴァン

前菜、鶏のギャランティーヌと、ホタルイカに続き出てきたのはメインの魚料理。

Maxivin マクシヴァン

こちら、シェフのスペシャリテで牛頬肉の煮込み。

Maxivin マクシヴァン

お誕生日が近い方がいたのでお祝いプレート。苺とアイスとバルサミコって合いますよね。

Maxivin マクシヴァン

そして、エスプレッソと小さなデザート。5000円のお料理コース、おいしかったです。でも、この店で大事なのはお料理ではないんだよね。何かというと……

Maxivin マクシヴァン

ワイン! 上記の通り、お店としては「フレンチレストランというかビストロというか」というわりとカジュアルな店の雰囲気&料理なのですが、ここの一番のウリはワイン、そしてワインを供してくれる「人」。こちら、全日本最優秀ソムリエになった佐藤陽一さんという方のお店です。小さなお店で佐藤さんが接客フル回転。すべてのテーブルにお料理を出し、ワインをお勧めし、お店を切り盛りしています。

佐藤さんにオススメされるがままにいろんなボトルを開けていきました。写真はそのうちの一部です。ワインに詳しい……というと、つい、超うんちく系の小難しそうな話を想像して身構えてしまうのですが、佐藤さんのお話はまっっっっっっっっっったくそんなことはないのです。「△杯目で白をお好みということでしたら、○○○○○なワインとXXXXXXXXXXなワインと、どちらにします?」「じゃあ次も赤で。これ、さっきの赤との違いは○○○○○○○○とか○○○○○○○○なんですけど、いかがでしょう?」と楽しいトークを繰り広げ(○○○とかXXXXXXとかの中には、ワインのうんちくとは思えない楽しげな比喩が入ります)、進められるままにワインを飲むとどれもこれも全然違う味でしかもどれも素敵においしい、という楽しい時間が過ごせるお店なのでした。

私、ワインまっっっっっっっっっっったく詳しくないんですが(この日同席したお姉様&お兄様方もそれほどワイン大好きという方達ではなさそうだった)、でもなんだか分からないながらにすっごく楽しかったし、どのワインも素敵においしかった!「赤の重め」とか「白のスッキリ辛口」とか普通のワインの分類がなんだか意味がなく思えるくらい、いろんなワインを楽しめて楽しい時間を過ごしたのでありました。ワインについて勉強中の人なら、さらにさらに楽しめるはず。

ちなみにお料理は5000円でしたが、お支払いは1人18000円。つまり差額はワインと接客のお値段であります。上述の通り、お料理は正直普通だし、私が普段行ってる店から考えるとかなり高いんですけど(w)、でもこういう経験は滅多にできないので良かったな。セレブなお姉様とこの日出会えたお兄様たちに感謝しつつ、本エントリタイトルの「たまに行くならこんな店」ということで。

マクシヴァン

食べログマクシヴァン