読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

おいしいうどんは美しい「丸香」

神保町

私が定期券の経由を変えたことから始まった「神保町が大好きだ!」シリーズ。その1、その2と朝っぽい話題が続いたので、次は昼っぽい話題を……

讃岐うどん

大好きな「丸香」のさぬきうどん。写真はひやひや(麺もだしも冷たいうどん)、380円です。東京で気楽に食べられるお店の中でも、本場讃岐に持っていっても引けを取らないハイレベルなお店の一つだと思います。お値段も東京のうどんやさん(チェーン以外)としてはかなり安い。

腰はあるけどのどごし優しいソフトな麺、キリッと冷たくておいしいいりこだし。ん〜、東京にいながらにしてこんなにおいしい讃岐うどんが食べられるなんてうれしすぎる。おろしショウガを入れたり、卓上の胡麻をすってかけてもなお旨い。

ちなみにこちら、うどんもおいしいけど揚げ物もおいしいんですよ!何食べてもおいしいけど、香川のうどん屋さん気分を味わえるメニューは特におすすめ。たとえばたまご天とか、ちくわ天とか……あと私が好きなのは「かしわ天」!これは、胸肉ともも肉が一つずつ、合わせて二つの味が違う鶏天が楽しめるといううれしいオプションなのです。もも肉も胸肉もジューシーでうまーい。

あと丸香は、釜玉(かまたま)もおいしいなあと以前から思っていたんですが……最近知ったんですが、こちらのご主人は、香川の「山越」出身なのだそうで。山越といえば香川の名店、「かまたま」が代名詞。というか、それまで特に名前のないメニューだった生玉子かけ釜揚げうどんを「かまたま」という名で知らしめた立役者。丸香では「月見とろろ」も気になりつつ試したことはなかったんですよね。そうか、山越の「かまたま山」か……

東京にして本場讃岐の味、安くておいしい、どの時間に食べても安定してる……と非の打ち所がないうどんやさんですが、唯一の難点は「行列してること」。とはいえこのお店、厨房はいつもフル回転で、並んでるうちに注文をとり、席に着くと待ち時間短めでスッとうどんが出てきます。行列の長さの割には回転が速いので、ちょっと待てるなら、ぜひ。

☆丸香:東京都千代田区神田小川町3-16-1ニュー駿河台ビル1階(電話非公開)、日祝定休