読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

千駄木「エスプレッソ ファクトリー」に行くたびに思い出すこと

久しぶりに、地元・千駄木のお話です。千駄木駅から団子坂を上がったところにある「エスプレッソファクトリー」。若い男性のバリスタさんが一人でお店を切り盛りしている、気持ちの良いバールです。行くたびに「今日もバリスタさん、がんばってるなー!」って思います。

 

店名の「エスプレッソ」は、日本では珍しく、立ち飲みと着席で値段が違うのです。立ち飲みが180円(150円だそうです、ありがとうございます!)、着席は280円だったかな。今回はエスプレッソじゃなくてこの写真。

 

とっても美味しいカフェラテ、350円。カウンターで、さささーっと手早く作ってくれる様子を見ているのも楽しいのです。ちなみに私の前の人が頼んでたカプチーノは、ブタさんのラテアートでした。すごくかわいかった!

店名どおり、とっても美味しい珈琲を飲ませてくれる、近隣住民の憩いの場。カフェラテやカプチーノは万人受けするおいしさ、そしてエスプレッソはちょっと個性的な味なので、エスプレッソ好きは試してみることをオススメ。お客さんは老若男女いろいろで、地元密着型のバールです。

 

 エスプレッソファクトリー

 

で、タイトルに書いた「思い出すこと」とは……。ここ、以前は「ラ・カンパネラ」という喫茶店だったのです。上品なマダムと、息子さんが切り盛りする喫茶店。いつもBGMにクラシック音楽が流れていて、ここのカレーがとっても好きだったのです。

「エスプレッソファクトリーもいいお店だけど、ラ・カンパネラも懐かしいなぁ」って、行くたびについ思いだしてしまうのです。あのマダムはお元気かしら、今は何をしているのだろう……って。

 

でも考えてみたら、自分が好きだったお店の跡地に、また違うタイプの好きなお店ができるって、とっても珍しいし、幸せなことなのかもしれません。これからも、ラ・カンパネラを思い出しつつ、エスプレッソファクトリーのご主人がいれてくれるおいしい珈琲をいただこう……と思うのでした。

 

☆エスプレッソファクトリー(BLOG / Twitter) 東京都文京区千駄木2-26-6 団子坂スカイビル1F TEL:03-3823-8320 営業時間: 月~土   8:00~20:00、日(祝) 11:00~20:00 定休日:水曜日

 

関連記事:千駄木「カフェ・ラ・カンパネラ」閉店 - ayanologはてな館