読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

【浦和ドライブその2】値上げ後初かも……安くておいしい「うなぎ 和香」@浦和

日々のコト

浦和で夕飯を食べよう、何食べる?という話になり、「浦和といえばうなぎだよ」「どこかいいお店知ってる?」「うーん、中浦和だか武蔵浦和だかのお店に昔連れて行ってもらったことがあるけど、名前覚えてない……」という非常に心許ないやりとりに。。。

「ちょっと調べてみましょう」と、ケータイ駆使していろいろ調べて見つけたお店が「うなぎ 和香」。行ってみると、お店に入る前からうなぎを焼く香ばしい香りがあたりに漂っていて、もう~たまりませんっ。中に入ると、若いご夫婦が二人で切り盛りしている、とっても大衆的なお店でした。

「注文受けてから焼くんで、時間かかりますけどいいですかー」「もちろん!うなぎが頼んですぐ出てきたらイヤです(笑)」なんてやりとりをしているうちに、出てきた鰻重・特上がこちらっ。

 

 和香(浦和) うな重特上 2800円。おいしかったー!

うな重・特上 2800円。慌てて1枚だけ撮った写真なので、ブレ気味ですがご容赦を…うなぎのほか、なまず・穴子・わかさぎなど各種天丼も気になったのですが、ここは初志貫徹で「うな重」を。うなぎが高いこのご時世、特上でも2800円なんて安いなぁ。迷わず特上を注文しましたよ。

写真で分かるとおり、もううなぎがこれでもかというくらいたっぷりと。注文してから焼き上げるうなぎは身がホンワリ柔らかくてとろけるよう。パラリと固めに炊いたごはんの上にうなぎがどっさりしきつめられ、ややつゆだく気味にかばやきのたれがかかっています。安いうなぎの蒲焼きにありがちな「皮がゴムみたい」なんてこと まったくなし。いやぁ、おいしい~っ!!!!!

あー、いま思い出してもおいしかったなあ。肝焼きや、うなぎのバラポン酢などおつまみ系メニューもいろいろあったので、うな重やうな丼を食べるまえに一杯楽しむのも良さそうです(今回は運転手だったので飲めなかったけど)。

 

そういえばここのお店、お茶を出してくれる湯飲みが「うなぎのうなちゃん」

浦和うなぎの「浦和うなこちゃん」湯飲みでした。あの湯飲み、よかったなぁ~。うなこちゃんは、やなせたかし御大の浦和ご当地キャラ(?)。うなこちゃんストラップ売ってます、という張り紙もあったけど、残念ながら私が行ったときには売り切れてました、ストラップ。


そうそう、最後に大事なことを。ここ、カウンター5席、テーブル2席とホントに小さなお店です。うなぎやさんだけど、割とサッと食べてサッと帰る感じのお店。大勢で押しかけたり、ズルズル長居するようなお店ではありません。店構えも、昭和の大衆店って感じですしね。

ここはあくまで、味とボリュームと安さで勝負するお店。浦和にはうなぎやさんがたくさんあるし、広々した高級店や老舗もいろいろあるので……そういうニーズはほかのお店へ行くことをおすすめします!

☆うなぎ 和香 埼玉県さいたま市浦和区本太3-1-18 TEL:048-884-0649 休:水曜 営業時間:11:00~14:00、17:00~20:30