読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

なぜか神保町にサンマーメンの専門店が……生碼麺食道@神保町

昨年、神保町のカレー屋さん特集を勝手にブログ内で展開していましたが(ここにまとまってます→)、神保町ってカレー以外にもいろいろおいしいお店あるよね……ということでちょっと違うお店をご紹介。

 

サンマーメンってご存じですか?神奈川のご当地ラーメンで、名前を聞くと「サンマ入り?海鮮系ラーメン?」と思うのですがさにあらず。ラーメンの上に、もやし主体のあんかけ野菜炒めをかけた料理です。

そのサンマーメンの専門店が、なぜか東京・神保町のはずれ、新お茶の水に限りなく近いところにあるのです。店主はべつに神奈川県の生まれでもなんでもないそうなんですが、サンマーメンの魅力にとりつかれて、サンマーメン専門店を始めちゃったのだとのこと。お店の名前は「生碼麺食道(サンマーメンショクドウ)」。

 

f:id:ayanolog:20130517205010j:plain

あんまりきれいに撮れてなくてスミマセン……麺は浅草開化楼のものだそうで、もっちりつるつるおいしいです。醤油ラーメンの上にはもやしやキクラゲ、豚コマを炒めて片栗粉でとろみをつけたあんがたっぷりと。刻みネギが載っていますが、このほかに卓上にある各種調味料をいろいろかけて食べます。胡椒が2種類あるのも面白いし、辛み調味料とか、米酢とか、黒酢とか、酢に複数のスパイスを漬け込んだものとか……ベースは薄味なので、いろいろ味変えながら食べるのがまた楽しい。

ここはオーソドックスな生碼麺(サンマーメン)以外にもいろいろな種類のサンマーメンがあるんです。これは確か「台湾生碼麺」だったかな。そのほか「辛辛辛 生碼麺」とかオーソドックスな生碼麺とか数回食べました。あ、そういえば「カレー生碼麺」もあって、神保町のカレー祭りに参戦してたらしい。

 

ここのサンマーメン、私は好きなんだけど、本場神奈川の皆さんから見るとどうなのかなあ。あと、ラーメンオタクなみなさんの評価もちょっぴり気になります。店主がなにしろユニークな方なので、個人的に応援してるんですが、変わった店なのは事実だからなあ^^;;

 

f:id:ayanolog:20130517211718j:plain

夜はタパス(といいつつ中華系っぽいメニューも多い)が充実、お酒もあるので、二軒目とかに軽く飲みに来る……ということもしてます。いろんな意味で面白いお店なので、興味あったらぜひ行ってみてくださいませ。

 

☆生碼麺食道(サンマーメンショクドウ) 東京都千代田区神田小川町3-28-13 ラフィネお茶の水 1F 営業時間:11:30~16:00、18:00~24:00 日曜日はランチのみ、不定休だけど当面休みナシ……だそうです