読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

続・ダッチベイビーを食べた@川崎「ロージーズカフェ」

ホットケーキ・パンケーキ デザート

前回までのお話:大阪からの客人とともに、吉祥寺の人気パンケーキ店で行列することに。お目当てはパンケーキの一種、「ダッチベイビー」です。アメリカ旅行のたびに行ってたOriginal Pancake Houseのダッチベイビーに再会し、「ああ、やっぱり好きだ、このレモンと粉砂糖の薄甘い感じ!」とダッチベイビーへの愛を再確認したのでした。

 

……で、吉祥寺でダッチベイビーを食べた2日後の写真がこれ。吉祥寺で食べた勢いで、今度は川崎でダッチベイビー再び。川崎ラゾーナの中にある「ロージーズカフェ」、ここは実は日本で初めてダッチベイビーの提供を始めたお店なのです。Original Pancake Houseより先に。

 

ロージーズカフェ、混んでるかなと思ったらあっさり入れました。おもしろいのはここ、セルフで前払い制なんですね。ファーストフード風。先にカウンターでお金を払って、札をもらって席で待ってると、焼きたて熱々のダッチベイビーが登場する、という仕組み。

ここはほぼダッチベイビー専門店なので、いろいろ種類があるのがおもしろい。甘くない、お食事ダッチベイビーもあります。アップルもおいしそうだなーとかいろいろ迷ったのですが、やはりここは基本にもどって「オリジナル」を頼みました。700円は安い!ドリンクセットもお手頃価格です。

 

Original Pancake Houseは「バター+レモン+粉砂糖」なのですが、ロージーズカフェのダッチベイビーは、クリームチーズにレモンを絞り、メイプルシロップをかけていただく形。鉄フライパンで出てくるので熱々で食べられるのが嬉しいし、自分の好きなように食べながら味調整できるのがうれしい。

食べてみると……お、おいしいじゃないですか。生地がちょっともちっとしてるのが面白い。パンケーキというよりもっとにた食感のものがあるような気がするんだけど思い出せず。なんだっけ?

惜しむらくはレモンが一切れでちょっと物足りなかったこと。もう一切れ、できたら二切れあると完璧なんだけどなぁ。あと、個人的にはクリームチーズよりバターのほうが好きかなー。この辺は好みですが。

 

味だけで見たらOriginal Pancake Houseのほうが好きだけど(そもそも私がダッチベイビーに惚れ込んだのはここのですしね)、1時間以上行列しなきゃいけないとか、接客が……とか、お値段とか考えたらロージーズカフェのほうが断然満足度高いかなと思ったのでした。鉄フライパンで出てくるので冷めにくいのもいいし。

営業時間が長いので、会社帰りに行くこともできそうですね。川崎来る用事があったら、また寄ります!

 

☆ROSIE'S CAFE(WEB)神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 LAZONA川崎プラザ 4F  TEL:044-874-8494  OPEN:10時~23時

 

関連リンク

ダッチベイビーを食べた@吉祥寺「Original Pancake House」 - ayanologはてな館

Original PANCAKE HOUSEの「Dutch Baby」 - ayanologはてな館

なるほどこれがダッチベイビーか!ラゾーナ川崎ロージーズカフェのパンケーキ - 原宿パンケーキ速報