読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

日本上陸!ピンクカオマンガイ「ガイトーンTokyo」@渋谷

エスニック料理 エスニック

最近は日本でもすっかりおなじみになった、炊き込みタイプのチキンライス。シンガポールだと「海南鶏飯」、タイだと「カオマンガイ」と呼びます。 私も大好きなんですが、タイ・バンコクの超人気屋台、通称「ピンクカオマンガイ」が東京にやってきた……というのはちょっと前の話。

「ピンクカオマンガイ」が店名だと思い込んでたんですが、それは通称で、本当は「ガイトーン」というお店なんですね。渋谷のお店は「ガイトーンTokyo」。オープン直後はものすごい混雑だったみたいですが、そろそろ落ち着いてきたんじゃない?ということである日行ってきました。

実は二回振られて三回目でようやく食べられました。なぜかというと、営業時間関係なく、鶏がなくなったらお店は終了だから。過去の二回は、営業時間内には来たモノの、鶏がなくなってた……という理由。

ピンクカオマンガイ@渋谷

 外観こんな感じ。ピンクの看板、ガラスの中に鶏がぶら下がっていて一目でカオマンガイ屋さんと分かります。鶏がなくなってるときは、店の前の立て看板にその旨張り出されます。

 

ピンクカオマンガイ@渋谷

 お店に入るとお米がぶら下がってます。バンコクと同じく、店員さんはピンクのポロシャツ。

 

ピンクカオマンガイ@渋谷

 店内は屋台風……よりはもうちょっとこぎれいな感じ。小さいお店なので、一緒に行くのは多くて4人までかな。さて、メニューです。

ピンクカオマンガイ@渋谷 

ピンクカオマンガイ@渋谷

 ということで、お待たせしました。カオマンガイ700円、スープ付き。

ピンクカオマンガイ@渋谷

 スプーンですくって食べると……うん、おいしい!パラッと炊きあがって鶏のスープがしみこんだごはん、しっとり柔らかでジューシーな鶏肉。最大の特徴は……

 

ピンクカオマンガイ@渋谷

これ。タレの中に結構大きめに刻んだ生姜がザクザク入っているんです。あと青唐辛子。わりとワイルドな味のたれで、私はかなり好みでした。

というわけで東京に上陸したピンクカオマンガイ改めガイトーンTokyo、とてもおいしかったです……が、お店が屋台っぽいことを思うと、もう一声安くなってほしいかなーという気もしたり。あと、私はカオマンガイといえば木場の「Pui」と柏の「ガッチキ」が好きなんですが、この二店はやっぱりおいしいんだなと改めて(ガイトーンと合わせて三店、どこも甲乙付けがたくおいしいです)。

いずれにせよこのお店のオープンで、カオマンガイが広く知られるようになったのはうれしいこと。もっとおいしいお店が増えるといいなあ、と思ってます!

 

☆ガイトーンTokyo(WEB)〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-15-2 TEL:03-6805-1202 営業時間:11~15時/ 17~21時(鶏なくなり次第終了)

 


タイ料理、しかもカオマンガイ専門店の木場「Pui」(プイ) - ayanologはてな館


「泰国鶏飯食堂 ガッチキ」でカオマンガイ - ayanologはてな館


東京カオマンガイのランチセット - ayanologはてな館