読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

カウンター5席のみ!葛飾で餃子といえば…「哈爾浜餃子(ハルピン餃子)」@堀切菖蒲園

食べる

葛飾区で餃子といえば、パッと名前が挙がるのはおそらく2店。一つは、以前ブログに書いた立石の「蘭州」。そしてもう一軒が、堀切菖蒲園の「哈爾浜餃子(ハルピン餃子)」。

ハルピン餃子、前から気にはなってたんですが行くのは初めて。お店に到着してびっくりしました。京成の堀切菖蒲園駅からすぐのところにあるんですが、カウンター5席のみという、すご~く小さなお店なんです。

中国人の老夫婦が二人で切り盛りしています。必ず食べていただきたいのがこちら。 

 

f:id:ayanolog:20140824205428j:plain

 水餃子。中身は数種類ありますのでぜひいろいろ食べてみてください。小ぶりなのでつるつるいけちゃう。

f:id:ayanolog:20140824205837j:plain

もちっとした水餃子を焼いた焼き餃子。こちらもおいしい、けどやはり真髄は水餃子にある気がする。 

f:id:ayanolog:20140824205644j:plain

 盛り合わせ。豚の耳、レバー、ハツ、タンだったかな。上にかけられたネギと一緒に食べるととまらない。冷えたゼラチンのこりこり食感がたまらんです。

 

f:id:ayanolog:20140824211326j:plain

最後、結構おなかいっぱいになっていたにも関わらず好奇心に負けて頼んでしまった「豚足麺」。ほろほろになるまで煮た豚足がごろんと入っています。わかりにくいかな…… 

f:id:ayanolog:20140824211559j:plain

豚足アップで。大ぶりな豚足を存分に味わえて幸せ。苦手な人は苦手だと思いますが、私、好きなんですよね……トロンとしたゼラチン質がたまらない。豚足はつまみで食べることもできるんですが、つまみだとたぶん冷たい状態で出てくるので、トロンというよりはコリコリなんじゃないかと(推察)

 

f:id:ayanolog:20140824212838j:plain

席数はカウンター5席のみ!冒頭にも書いたとおりとても小さいお店です。堀切菖蒲園、なかなか用事がないといかない駅だと思いますが、いいお店なので、一人あるいは二人くらいでぶらりと訪れることをおすすめします。

 

☆哈爾濱餃子
住所: 〒124-0006 東京都葛飾区堀切3丁目7~17 電話:03-3692-9369 営業時間:11:00~22:00、月曜休(経営者が帰国する場合は不定期に長期休)

 

関連記事:立石の蘭州の記事はこちら ↓ ↓ ↓


小ぶりでかわいい手作り餃子、次回は忘れずにパクチー載せで!「蘭州」@立石 - ayanologはてな館