ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

こんなの初めて(はぁと)なホルモンを銀座で食べた@王十里

神奈川県民が愛するハンバーグを食べに行くはずだったある夜、何がこうしてああなって、何故だか「ここのホルモンは本当に旨いよ」とグルメなおじさまが太鼓判を押す焼き肉屋に行くことになりました。

場所は東銀座、店の名は「王十里(おうじゅうり)」。銀座で焼き肉なんて、いくらあれば足りるのだろうか…と内心ドキドキしながら二階席へ。

 

まずはポッサムキムチと、「ここでは僕、これしか肉頼んだことない」という「特上ホルモン」と「特上ミノ」を注文。

左がホルモンで、右側がミノです。この二つはちょっと変わっていて、メニューに「上記2種は、合わせて2人前からのご注文をお願いします。また、初回のみの受付となり、追加のご注文はお受けしておりません」と書かれていること。

 

f:id:ayanolog:20170323103046j:image

どどーん。写真だとサイズ感が分からないかもしれませんが、なにしろ太い&大きい。ものすごい存在感。今回は4人で行ったので、それぞれ4人分ずつ注文しました。つまりこれで8人分ってこと。

他のメニューは普通に客が自分で焼くのですが、この二つだけはお店のお姉さん(赤いチマチョゴリを着ていて大変カワイイ)が丁寧に焼いてくれます。


f:id:ayanolog:20170323103411j:image

コロコロ…じゅうじゅう…

見ているうちに特選ホルモンは人の指かなにかに見えてきますが(指にしては太すぎるけど)、指が焼かれていると思うと怖いのでそれ以上考えないようにする。

お皿で出てきた時には感嘆の声を上げてしまうほど太いホルモンだったのですが、焼いていくうちに細くなっていきます。フランクフルトがシャウエッセンになったくらいの感じ。


f:id:ayanolog:20170323103439j:image

じゅうじゅう…チョキチョキ…(ハサミでミノを切る音)…じゅうじゅう…

 

結構な時間と手間をかけて、焼き上げられたホルモンとミノを食べてみました(かわいいお姉さんが小皿に取り分けるところまでやってくれます)。ぱくりと食べると、口の中に甘さがほとばしる!うわ、うんまああああああああい!そして、甘あああああああああい!

肉汁というかホルモンの脂がジューシーで、思わず「こんなの初めて…(ぽっ)」と呟いてしまった私であります。なにこれ、めっちゃおいしいんですけど。

ハサミでチョキチョキといえばこちらも。ポッサムキムチ、こちらも大変美味。
f:id:ayanolog:20170323103611j:image

もうちょっと食べられるね、ということでハラミも注文。

 
f:id:ayanolog:20170323104117j:image

こちらはホルモン&ミノとちがい、塩コショウだけでさっぱりといただきます。うん、これも美味しい。でもホルモン&ミノほどの驚きはないので、余力があったら注文という感じで良いと思います。


f:id:ayanolog:20170323104305j:image


f:id:ayanolog:20170323104318j:image

ビビンパと冷麺。冷麺はスープを凍らせた氷を作っているので、溶けても水っぽくなりません。細くてコシのあるおいしい麺だったなあ。でも、ちょっとお酢をかけたくなったかも…… 

 

そんなこんなで、「こんなの初めて!(はぁと)」と思わず声が出てしまうくらいおいしい、これまでに食べたことない美味なるホルモン&ミノに大満足でお店を出ることになったのですが、お会計のときにもう一度びっくり。お会計、一人1万4000円くらいだった…。普段私が行くホルモン焼きやさんって、ちょっと飲んでも一人3000~4000円くらいなんですよね。

「さすが銀座で焼肉だ……銀座、恐ろしい街……でもホルモンめっちゃ旨かった……」とおののきながら家に帰ったのでありました。王十里、銀座に2店舗あります。高いけどめっちゃおいしいので、よかったら行ってみてください。

 

☆王十里  東京都中央区銀座4丁目8−11 善隣ビル TEL: 03-3538-5866 営業時間:17:00~24:00(日曜と年末年始が休み)

近所にある支店↓

王十里 サランチェ

食べログ王十里 サランチェ