読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

赤坂&青山界隈で紅茶を買うなら その1

青山・赤坂・乃木坂

普段は吉祥寺のGclef(ジークレフ)で紅茶を買っているのですが、葉っぱを切らしてしまいまして。そういえばティーバッグもなくなりそうだし買いたいな、でも吉祥寺に行くようもないな……と思ってハタと思い出したのが赤坂見附のとあるお店。

 

http://instagram.com/p/hODhziOgDk/

 

ベルギーチョコのレオニダスの路面店……に見えますよね。そうなんですが、実はお店の半分がチョコレート屋さん、半分がWhittard(ウィッタード)というイギリスの紅茶屋さんなんです。

一度は経営破たん(?)して日本からも撤退したウィッタードですが、2012年に日本でも再びショップをオープン、それがこのお店なのだそう。

 

http://instagram.com/p/hODvdeugDt/

 

店頭の看板は、ほら、この通り。紅茶屋さんの看板です。インスタントティーってなんだ?という感じですが(粉末で溶かす紅茶らしい)。

 

店内はこんな感じ。

 Whittard tea shop

 Whittard tea shop

普通の紅茶のほか、フレーバーティーやハーブティー(とうか煮出し系?)もあります。写真のブルーベリーブラスターとかがそうなんですが、果物やスパイスがゴロンゴロン入っていて結構な迫力。ちょっとこの感じは珍しいと思います。

 

……ということで、こちらのお店で買ってきた紅茶がコレです。

 

……フツーでスミマセン^^;;

葉っぱじゃなくてティーバッグにしてみました。朝、時間がないなかで紅茶を飲むにはこれが便利なんですよね……ティーバッグは紐なしの丸型タイプ。50個入りで1050円と、ヒモがない分お買い得です。マグカップでももちろんですが、ポットにこのティーバッグを2~3個ぽいぽいと放りこむと、簡単にポットティーが楽しめます。ヒモ、別にいらないんだよね。

いろんな種類の紅茶を売っているのですが、今回買ったのはウィッタードのブレンドティー「1886ブレンド」。創業したのが1886年ということでこの名前がついたそう。イギリス人好みの濃〜いミルクティーが楽しめます。最近は気に入って、紅茶はこればっかり飲んでます。寒くなるとミルクティがおいしいんですよね……。

 

というわけで、赤坂見附の駅からすぐ、246沿いにあるウィッタードの話でした。AllAboutのこちらの記事が詳しいです→英国紅茶専門店 ウィッタード [紅茶] All About

ちなみに、わたしが普段お茶っぱを買っている、吉祥寺ジークレフの話はこちらをどうぞ。→ Gclef「ダージリン オータムナル ゴパルダーラ農園 DJ-316 RAW TEA」 - ayanologはてな館