読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

立ち呑み串かつ「毘利軒」がおいしすぎた&安すぎた話

以前はほとんど飲めなかったんですが、ここ1〜2年くらいでビールの美味しさに目覚めまして……だんだん飲めるようになってくると、もともとつまみや珍味系が好きなこともあって、俄然楽しくなってしまったのが「コテコテの飲み屋」へ行くこと。先日の「ま〜ちゃん(☆)」もそうなんですが、最近着々と経験値を上げています……ということで勢い余って「飲」カテゴリを新設してみましたよw

そんなワタクシ、今年のあるゴールデンウィークの1日を立石で過ごしておりました。立石といえば、知る人ぞ知る呑兵衛の街。まだ日の高い平日の昼間っから、酔っぱらいがあちこちで量産されている素敵な街です。安くて旨いお店も多い、というわけで、ここから先は私の立石酔っぱらい飲食レポ。

ゴールデンウィークも立石は通常営業。ほとんどの店がカレンダー&通常営業日通りの運行でした。私が行った日は運悪く目指していた店がことごとくお休みだったため、リサーチ不足を反省しつつ、野生の勘(そんな大げさな話ではない)で入った1軒目がこちら。

ビリケン

立ち呑み串かつ 毘利軒(ビリケン)。京成の線路というか踏切のすぐそばにある、立ち飲みの串カツやさんです。L字カウンターひとつの狭い店内ですが人気があるようで、真っ昼間だというのにお客が入れ代わり立ち代わりやってきます。

立石 毘利軒

串カツといえば、四角い銀色のケースに入った「二度付け禁止」のソースと、お通し代わり&ソースのスプーン代わりのキャベツが定番。ここもそうです。私、レンコン揚げたやつが無性に好きなんだよね……というわけで写真ぱちり。

何を食べてもおいしかったこちらのお店ですが、絶対に外さないほうがいいよ!と個人的にオススメするのがこの2つ。

立石 毘利軒

「若鶏」。いわゆる「チューリップ」を開いて揚げたものなんですが……ジューシーな身が、カラリと揚がった衣と相まってめっちゃおいしい!大きさもかなりのもので、一つ食べるとものすごい満足感です。

立石 毘利軒

こちらも超おすすめ「紅ショウガ豚巻き」。たっぷりの紅ショウガを豚肉で巻いてあげたものなんですが……この組み合わせめちゃくちゃおいしい!初めて食べたけど「おお!」って思いましたよ。

実は最初、どれ食べていいか分からなくて「サクッと一杯セット」というのにしたんですが(串4本とビール1杯で780円だったかな?)、これだけでもすごいボリューム。最初出てくるペースがのんびりだったのでつい追加注文した2本を食べ終わったころには、1軒目なのに相当満腹。でもお支払いは1人1000円いかなかったです(!)

そう、ここ、串1本ずつがかなり大ぶりなんです。単品注文は2本以上ずつなので、行くときは2人以上がオススメかと思います。あ、それからもう一つ。ここ、ビールがすっごくおいしかった!おかみさんの注ぎ方がすごく上手なんでしょうねえ。きめ細かい泡がきれいにフタになって、長時間おいしいビールに、こちらも「おお!」と。

何気なく入ったお店だったのですが、非常にレベルが高くてびっくり。また行きたいな−と思うお店でした。→

毘利軒

食べログ毘利軒