読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

話題の行列ホットケーキ、本場・大阪で食べてきました:「雪ノ下工房」@大阪

ホットケーキ・パンケーキ デザート

大阪発の人気ホットケーキ店で、最近は東京・銀座や立川にも進出し行列店となっている「雪ノ下」。大阪で食べてきたのでそのときの話を書きたいと思います。

大阪の雪ノ下には「本店」と「工房」とありまして今回私が行ったのは「工房」のほう。本店は完全予約制なんですよね。旅先のことで時間に制限があり、予約とれる自信がなかったので今回は並べば入れる工房へ行ってきました。3人でそれぞれ違うホットケーキを頼んだ写真がコレ。

 

雪ノ下工房@大阪

ぱっと見て分かる面白い形。すごく分厚くて、今川焼きが二回りくらい大きくなった感じなんです。じっくりと20分以上の時間をかけて焼く厚焼きタイプ。 こんな形のホットケーキ、どうやってつくるんだ?って思いますよね。こうやって焼いていました。

 

雪ノ下工房@大阪

 

友人二人はイチゴ(あまおう)のホットケーキを、それぞれ白(プレーン生地)と黒(ココア生地)で。ホットケーキの上にはいちごが山盛りになっており、まわりにちょっとソースが散らしてあるものの、クリームは別添えです。確かに溶けるとデロデロになっちゃうし、このほうがいいかも。で、私はいちごではなくこちらのホットケーキをいただきました。 

 

http://instagram.com/p/lTpiMoOgDy/

雪の下工房「安納芋のホットケーキ」、700円。プレーン生地です。プレーンは卵の味が強く、予想以上に弾力があるプリプリ食感。アイスはシャリシャリとしたアイスクリンぽいものでした。安納芋ペーストがかなり甘いので良いバランス。

プレーンとココアと食べ比べると、意外とココアベースのほうが甘さ控えめ&さっくりで食べやすいかも……。あとここのホットケーキ、見かけ以上にすごくおなかにたまります。ずしっとくる。

 

雪ノ下、初めて食べるタイプの面白いホットケーキでした。同じ厚焼きホットケーキでも、板橋のピノキオとも、星乃珈琲店とも全然違う食感なんですねえ。ものすごく弾力があってプリプリしているので好みが分かれるかな~。嫌いじゃないけど、個人的には星乃珈琲店みたいなスフレタイプのほうが好きかも。

 

ちなみにこちらのお店、かき氷も人気です。かき氷の話はトーキョーウジキントキで書いたのでそちらをご覧下さい(最近真面目に更新してるので、良かったら他の記事もお願いしますm(__)m)→

 

関連リンク

分厚いホットケーキの行列店はかき氷も人気:大阪「雪ノ下」 - トーキョーウジキントキ

星乃珈琲店でGEORGE V(ジョルジュ・サンク)を思い出す - ayanologはてな館

ピノキオのホットケーキ@板橋 - ayanologはてな館

雪ノ下(大阪本店、大阪工房、銀座店、立川店などあり)