読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

港屋インスパイア系そば その1「つけ蕎麦 たったん」@渋谷

http://instagram.com/p/qgJeQTugNu/

最近流行ってますよね、港屋インスパイア系そば。定義はなんだろう、蕎麦は日本蕎麦なんだけど、そばつゆにラー油が入っていて、たいてい肉も入っていて、蕎麦というよりはつけ麺的なガッツリ感がある……というのが定義なのかなぁ。もともとは西新橋の「港屋」という店が発祥だと思うんですが、それ系のそばを出す店が増えているよね、というお話。

 

さて、今回食べたのは渋谷・並木橋の「つけ蕎麦たったん」。あの富士そば(関西の方は知らないかな。東京近郊にたくさん展開している、24時間営業の立ち食い蕎麦チェーンです)の新業態ということでちょっと興味があって行ってきました。店名のとおり、韃靼そばをウリにしている……ようなんですが、サイトを見る限りでは、どう見ても港屋インスパイア系であります。

お店に入ると、自動販売機でチケットを買う仕組み。たぶん一番人気は「鶏つけそば」なんですが、700円かーぁぁぁ。肉つけそばだと800円。すだちつけそば(850円)も気になったけど、今回は鶏そばにしました。富士そば(平均単価400円くらい?)気分で眺めると、ちょっと高く感じちゃうのは否めないかも。

実際食べた感想としては、おお、なかなかおいしいです。冷たいそばの上にはたっぷりの海苔とごまとネギ。そばつゆは暖かくて鶏肉入り。そばつゆに辛みを付けているのが、ラー油じゃなくて黒胡椒というのは(港屋インスパイア系としては)珍しい気がする。ラー油味が欲しい人は卓上のラー油を足す、という仕組みです。なるほど。揚玉、そば湯はもちろんフリー。テーブルの上にたっぷり置いてあるので、好きなだけとってOKです。知らなかったけど、韃靼そばの蕎麦湯は色が黄色いらしいですよ!

つけ蕎麦たったん、なかなかおいしかったんだけど、メインターゲットを考えるとどうなんだろうな。おそらくもう一声安いか、もっと量が多くてガッツリか、どちらかじゃないとリピーターつかないんじゃないかなと部外者が余計な心配をしてみたり。麺、300gって書いてあったけど、日本蕎麦の300gって意外とあっさり入っちゃうんですよね……ここ太麺だし、余計。

正直、鶏肉入ってなくても十分おいしい気がするので、もりそば480円がコストパフォーマンス的にはいいかもなー、と思いました。

☆つけ蕎麦たったん(WEB)東京都渋谷区渋谷3丁目14番4号 電話 03-3398-351