読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

湯島の名店、ロワゾー・ド・リヨンの加登学シェフが亡くなった…

f:id:ayanolog:20140424105326j:plain

昨夜、友人からLINEが。何だろうと思ったら「ロワゾー・ド・リヨンのシェフが急逝というニュースが!」と。……ええっ?!サイトを見たら、4/29で閉店とありました。。。

 

ロワゾー・ド・リヨンといえば、湯島にお店を構えて9年の人気ケーキ店。シェフの加登学さんは湯島の出身で、ル・コルドンブルーの菓子講座で長らく講師を勤めており、彼の教え子はたくさんいたという実力者。その加登さんが独立して湯島にお店を出すと知った時にはそれはそれはうれしかったものでした。お店がオープンして間もない頃は、春日通りに「これは子どもの手書き?」みたいな素朴な看板が出てて、メニューの写真も手作り感満載で、「ケーキおいしいのに大丈夫かな」と心配するくらいだったけど、あれよあれよという間に人気店に……少し前から上野アトレ(駅ビル)にも出店して、そこも人気になっており、地元民の自慢のフランス菓子店だったのです。

普段からよくここのケーキを買っていたし、二階のカフェにもときどきお邪魔していたし、クリスマスや友人の誕生日のときにはここのホールケーキが定番だったし……なによりここのケーキもパンも焼き菓子も大好きで。もう来月からはお店に行くこともできないのだと思うと本当にショックです……。

 

L'oiseau de Lyon 01

 

Chrismas Cake

 

加登さん、45歳だと聞いてさらに驚いてしまったのでした。早い、早すぎる。一晩経ってもまだ、ショックと驚きで胸がいっぱいです。お店のみなさんも今、さぞかし大変だろうと思います。心から、お悔やみ申し上げます。

 

関連リンク:

ロワゾー・ド・リヨン (お店のサイト)

ロワゾー・ド・リヨンの「ショコラキャラメル」「オデオン」 - ayanologはてな館

非常時だからこそ…… - ayanologはてな館

シベール「福耳」&ロワゾーのロールケーキ - ayanologはてな館

湯島「ロワゾー・ド・リヨン」その3 - ayanologはてな館

バースデーケーキはロワゾー・ド・リヨン♪ - ayanologはてな館

湯島「ロワゾー・ド・リヨン」その2 - ayanologはてな館

湯島「ロワゾー・ド・リヨン」 - ayanologはてな館