読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayanologはてな館

主に東京の東側で暮らしている私の日々を、ごはんやおやつの話を中心につづります。ayanoのblogなのでayanolog。夏の間はかき氷専門ブログ「トーキョーウジキントキ」もやってます。2013年10月に、はてなDiaryからHatena Blogへ引っ越してきました。

カメラ買いました、と、それに至る逡巡の記録

photo 写真 日々のコト

http://instagram.com/p/th-ovIOgAM/

週末、カメラ買いました。EOS Kiss X7i、久しぶりのキスデジです。

実はキヤノンデジタル一眼レフ歴は長くて、もう10年くらい使ってるんです。ずっと中級機(EOS x0Dシリーズ)を使っていたので、そろそろフルサイズ機にステップアップしたいなあと思っていました。なので、9月中頃に発表があった「7D MarkII」は気になったものの、実際に買うかどうかとなると悩ましく。

 
だって「Mark II」なんて型番、ハイエンドっぽくてビビるじゃないですか。私ごときが使ってもいいカメラとは思えない。使いこなせないんじゃないかなとか……あと、別に速く動く被写体を撮るわけじゃないから、連射もしないし、とか……。 

最大の懸念は「大きいんじゃないか」ということ。 最近体力が落ちてて、大きなカメラを持ち歩くのがしんどいのですよ。カメラだけ持ってるならいいけど、他に荷物を持った上でレンズ付けたら1kgオーバーのカメラを持ち歩く根性は今の私にはない
ボディ単体で20万ちょい、買って使わなかったらもったいなさすぎるしな~、と悩みまくり……。 

 

「フルサイズ機デビューしたいけど重いの無理!」と叫んでたら数名から薦めていただいたのが「EOS 6D」。スペック的には文句なしで(フルサイズ機としてはかなり軽い)、ほぼ買うつもりになってヨドバシカメラに行ったんだけど、実際に触ってみてちょっと「アレ?」と。

実際に触ってみたEOS 6Dは、重さはなんとか許容範囲内。グリップも「ぴったり手にフィット☆」とは言わないけど、まあ持ちづらくはない。Wi-FiGPSも楽しそう……だったのですが、なんというか、使ってていまいちピタッとくる感じが足りないんですよね…… 。


分かりやすいところでいうと、AF(オートフォーカス)が合って欲しいところで合わないのですよ。MF使えと言われそうだけど(用途によっては私もMFは使うけど)でもやっぱり、仕事とかでガンガン撮るときにはAFじゃないですか。AFが、すごく遅いわけではないんだけど、毎回毎回合って欲しいところと微妙にずれて合焦するのが……使ってて気持ちよくナイ……(悲)。設定で直るものならいいけれど、どうだろうなあ、多分そんなことないだろうなあと。 

6Dってそれなりに古いモデルなので、値段が下がってれば仕方ないと諦めもつくんですが、ヨドで17万円台だったんでんですよね(ボティのみ、ポイント10%)。惚れ込んで買うなら高くないけど、「うーん」と思いながら払うには高いんだよな-、と気持ちが冷めてしまい。

一方、同じ売場にあったEOS 70Dはキビキビと動き、ピントもピシッと合って使ってて気持ちがいい。でもなあ、いままで散々x0Dシリーズを使ってきたから、まったくもって新しいモノを買う感じがしなくてつまんない。あと、重さが6Dとほぼ同じなんですよね。フルサイズなら我慢するけど、これならKissにすればボディをグッと軽くできるし、撮れる絵は正直変わらないし……お値段11万円かぁ…… 

……と思ってKiss X7iを見てみると、これが予想外によく出来てるんですよ。当たり前だけど軽いし、意外と手にフィットするし。バリアングル液晶も取材の時なんかに便利そうだし、タッチ液晶もなんだか楽しそうだ。ダイヤルがないのさえ我慢すれば、もしかしてこれでいいんじゃない?軽いし値段も70Dの半分だよ(6万円台)……と思ったのですが、Kiss X7iってまだWi-FiとかGPSとか付いてないのですね。なんとー。こういうのって、エントリー機から載せてくる印象だったのに。意外だ。 

こんな感じでさんざん実機を触って迷った結果、そしてカメラ屋さんに3回も行った結果(迷いすぎ)、結局最終的に買ったのが「Kiss X7i」ということになったのでした。やっぱり軽さ大事。そして、Wi-Fi機能は東芝のFlashairで補うことにしたのでした(まだ設定してないけど)。それでもお金浮いたので、小さくて綺麗な色のカメラバッグも。

そんなわけで、最近はコンデジばっかり使ってましたが(ソニー「RX100」。買ったのはもう1年半以上前かぁ……→)、これからはちょっとずつ一眼レフで撮った写真も上がるかも、Flickrの更新頻度ももう少し上がるかも……です。